ひな人形の「翌日飾り」が嫌われるのはなぜ?

北尾石材

075-781-9523

〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町67

営業時間 / 9:00~18:00

ページタイトル画像

ひな人形の「翌日飾り」が嫌われるのはなぜ?

石屋のないしょ話

2021/02/28 ひな人形の「翌日飾り」が嫌われるのはなぜ?

 

 

女の子にとって三月三日のひな祭りは年に一度の楽しいイベントです。ひな人形を飾り、おめかしをして女の子同士でパーティーします。

しかし、行事が終わったとたん、母親はさっさとひな人形を片付け始めてしまいます。もっと飾っておいてほしいと頼んでも「出しっぱなしにしておくとお嫁にいけなくなる」と言われたことのある人も多いと思います。

 

昔から「ひな人形の翌日飾りは、嫁にいき遅れる」といって嫌われてきました。なぜ、そんな言い伝えが生まれたのでしょうか?

 

ひな祭りは、江戸時代までは「上巳の節句」と呼ばれていた行事で、ルーツは中国にあります。

その昔中国では、三月初めの巳の日に、身の穢れや災いを川に流して清め、みそぎをしていました。それが奈良時代、日本に伝えられると、自分の代わりに人形を作って穢れや災厄を移し、川に流すようになりました。これが「流しびな」で、昔は全国各地で行われていた風習です。この流しびなが江戸以降のひな祭りの原型です。

当時流しびなに使われた人形は、わらや紙で作られた簡単なものでしたが、時代が下がって豪華なひな人形が登場すると、簡単に川へ流すわけにはいかなくなりました。そこで、人々はさっさと片付けることによって、厄を水に流したことにしたのです。

逆に言えば、人形を翌日まで飾っておくと、水に流していない=厄払いをしなかったことになります。

だから「嫁にいき遅れる」といって娘を納得させ、さっさと片付けてしまうのです。

 

ご参考までに・・・。

 

 

 

── 山太 北尾石材  ──────────

住所 京都府京都市左京区田中門前町67
電話番号 075-781-9523
FAX番号 075-781-0510
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
──────────────────────

TOP