鳥啼山更幽(とりないてやまさらにしずかなり)とは、どういう意味ですか?

北尾石材

075-781-9523

〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町67

営業時間 / 9:00~18:00

ページタイトル画像

鳥啼山更幽(とりないてやまさらにしずかなり)とは、どういう意味ですか?

仏事Q&A

2021/08/31 鳥啼山更幽(とりないてやまさらにしずかなり)とは、どういう意味ですか?

 

 

深い山中で、鳥が一声鳴いて去っていった後の静けさ。鳴き声がやむと、その山の静けさがさらにしんと伝わってくる情景。その寂しさを表した言葉です。六世紀頃に活躍した詩人・王籍の詩の一説からの引用です。

 

何も起こらない景色は平穏なものです。しかし、その静けさを打ち破るものがあることで、元の静けさがより深く感じられる・・・。

まるで人生の苦難をうまく言い表している言葉のようです。

 

dscn2419

 

平穏な日々は有難い。波風立てずに暮らしたい。でも、あなたがより成長を望むのであれば、時には苦難に直面することもまた必要です。その苦難を乗り越えることで、大きな視点で物事を見られるように成長するでしょう。

日常の愛おしさも深く感じられるようになります。

 

苦しみを避けるのは簡単です。静かな山に佇むのもいいでしょう。しかし、苦難を乗り越えてこそ、人生がより奥深くなるというのもまた真理なのです。

 

 

 

 

── 山太 北尾石材  ──────────

住所 京都府京都市左京区田中門前町67
電話番号 075-781-9523
FAX番号 075-781-0510
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
──────────────────────

TOP