三つ指ついての挨拶

北尾石材

075-781-9523

〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町67

営業時間 / 9:00~18:00

ページタイトル画像

三つ指ついての挨拶

石屋のないしょ話

2023/06/29 三つ指ついての挨拶

 

 

「三つ指ついての挨拶」というと上品で丁寧な挨拶の代名詞ですが、実は正式な作法とは少々異なっています。

 

座敷における正式な挨拶は、両手の親指と人差し指で菱形を作って、手のひらをつき、頭を深々と下げて菱形の中に鼻を入れるというものです。話す時も菱形は崩さず、頭を少しだけ上げて相手の目を見ないようにします。

一方、三つ指ついての挨拶は、この正式な挨拶を簡略化したものです。手のひらをついて深々と頭を下げるのは、日常にはあまりにも堅苦しすぎます。また、相手の目を見て話ができないと、意思疎通がしにくく、何かと不自由です。そこで、手のひらまではつけず、三つ指だけつける挨拶が生まれたのです。これならそれほど頭を下げなくてもいいし、不自由さもありません。そこで、この三つ指ついての挨拶を正式な挨拶に準ずる挨拶の形としたのです。

 

三つ指ついての挨拶は、片手で行われる時もあります。

例えば芸者さんが襖を開けて挨拶する時です。襖を開けた後、襖から手を離して正座し、両手をついて挨拶するのは少々まどろっこしいです。そこで、片手で襖を開けながら、もう片方の手で三つ指をついて挨拶するのです。

これも三つ指ついての挨拶のバリエーションで、丁寧な挨拶とされます。割烹などで仲居さんが部屋に入ってくる時、中腰のままでも上品な印象を受けますが、その場合も芸者さん式に三つ指をついているのです。

略式であっても正式な形を踏まえているからこそ、きちんと正座しなくてもどこかしら上品さが漂ってくるのです。

 

 

ご参考までに・・・。

 

 

 

── 山太 北尾石材  ──────────

住所 京都府京都市左京区田中門前町67
電話番号 075-781-9523
FAX番号 075-781-0510
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
──────────────────────

TOP