京都に春の訪れを告げる“をどり”

北尾石材

075-781-9523

〒606-8225 京都府京都市左京区田中門前町67

営業時間 / 9:00~18:00

ページタイトル画像

京都に春の訪れを告げる“をどり”

石屋のないしょ話

2018/03/31 京都に春の訪れを告げる“をどり”

 

 

都をどりに京をどり、北野をどりに鴨川をどり。 京都に春の訪れを告げるこれらの“をどり”は、それぞれの花街(祇園、宮川町、上七軒、先斗町)の芸妓さんや舞妓さんたちが舞い競う、艶やかな舞台です。 今月はそのなかの一つ、都をどりについてお話します。 都をどりは、京都の四季の風物を題材にして演じられます。 本来は祇園甲部歌舞練場で開催されていますが、耐震対策工事のため休館中なので、去年に引き続き今年も京都芸術劇場春秋座にて開催されます。

 

「都をどりはヨーイヤサー」という舞妓さんたちの黄色い声で幕が上がります。 京都のこれらの“をどり”にはそれぞれの花街の特徴がありますが、大詰めの一幕前は、いずれも非常に暗く演じられます。 これは、まさに京都の冬を表現されているのかもしれません。 それが大詰めには一転して、ぱぁっと明るく華やかになり、装置も大道具も小道具も、そして衣装も照明もそれは眩しい限りです。 この明るさが観客の心まで明るくさせ、気持ちよく劇場をあとにすることができるのです。

 

西陣の人々に支えられて発展したこれらの“をどり”は、今では多くの人々の日々の生活から離れた“晴れ”の場として愛されています。 入場料も決して安いものではありませんが、こうして毎年多くの人々を呼び寄せるのは芸能発祥の地である京都ならではと思いますし、またこの日のために稽古に稽古を重ねてこられた出演者の皆さんの汗と涙が実を結び、毎回必ず私たち観客を夢の世界に誘い込み、確かな感動を与えてもらえるからだと思います。

 

ご参考までに・・・。

 

 

── 山太 北尾石材  ──────────

住所 京都府京都市左京区田中門前町67
電話番号 075-781-9523
FAX番号 075-781-0510
営業時間 9:00~18:00
定休日 不定休
──────────────────────

TOP