石屋のないしょ話 vol.8

京都と滋賀・大阪で開催されていた第3回世界水フォーラムも3月23日閣僚宣言「琵琶湖・淀川流域からのメッセージ」を採択し、無事に閉幕しました。 今月は水フォーラムにちなんでお話したいと思います。 
皆さんは「水の旅」のお話を聞いたことがありますか? 屋根の上に降った雨が庭を流れ川に集まりダムや田んぼ・都市の中で色んな経験をしながら海へ到達するお話です。 これは地表を旅する水のお話ですが、私たちの周りにはもう一つ水の旅があります。 それは地下水の旅です。 両者の水量を比較すると、地下水は川や湖の水の約100倍もあり、殆んどの水が地下水の旅をしていることがわかります。 この二つの分岐点は土壌表面なのです。
では、土壌に浸透した水はどれくらいの速さで移動しているのでしょう? 関東ローム層を50cmの厚さを単位として深さ20mまで採取して、それぞれのブロックに含まれた水のトリチウム濃度を測定しました。 トリチウムは水素の同位体で、雨の中に含まれ濃度は1963年頃をピークとして特徴的な変化をしてきました。 このトリチウム濃度の違いの順序は土中にそのまま保存されていました。 新しい雨が古い雨を押し上げるように浸透していたのです。 その速度が毎年1m前後であることもわかりました。 しかし地下水の流速は一定ではありません。 砂利層の中は速くて粘土層の中は遅く、両者は何万倍以上も違うのです。 雨や井戸からの揚水によって加速される場合もあります。 1969年頃を境に浸透速度が倍増していますが、これは工業団地が進出した時期と一致しています。 ローム層の下の砂れき層から大量の地下水を汲み出したために、ローム層中の水の浸透が速くなったのです。    
それでは地下水の滞留時間はどれくらいなのでしょう? 比較的浅い所を移動して山麓や崖から湧き出すなど短期間で地表に戻る場合もありますが、私たちが普段利用している数十メートルの深さの地下水は、数年から数十年前に土壌にしみ込んだ雨なのです。 一般に深層の地下水ほど滞留時間が長く、地下水全体の平均滞留時間は約5000年と試算されています。 中には地層が堆積する時に地層中に封じ込まれて何万年・何十万年と殆んど動かない、化石水と呼ばれる地下水もあります。 アメリカやオーストラリア・アフリカなどの乾燥地帯ではこの化石水を利用していますが、石油と同様限りある資源であり、いつ枯渇するかわからない心配があるのが現実なのです。 
しかし京都盆地の地下には、琵琶湖の水量(275億トン)に匹敵する約211億トンもの地下水が眠っています。 その天然水がめの大きさは南北約33km、東西約12kmです。 天王山(大山崎町)付近が水がめの唯一の出口ですが、水がめの大きさの割に出口の幅が狭いため、地下水は溜まる一方で出て行くことは殆んどありません。
石屋のないしょ話でした・・・。