石屋のないしょ話 vol.25

最近は朝夕と涼しくなり、秋の気配を感じている方も多いのではないでしょうか? 今月は中秋の名月にちなんでお話します。 
皆さんは「月々に月見る月は多けれど、月見る月はこの月の月」という歌をご存知でしょうか? この歌は、もともと中秋の名月(陰暦の八月十五日)に宮中で女官たちによって唄われたもので、歌の作者は不詳ですが、昔は芋に箸で穴を開け、その穴から月を覗いてこの歌を詠まれるしきたりがあったそうです。  
京都ではこの月の宴のことを芋名月ともいい、芋をお月様にお供えしたり、その芋を食べたりする風習がありました。 また陰暦の九月十三日の宴は豆名月と呼ばれ、豆をお供えしたり食べたりしたそうです。 お月見といえば必ずススキの穂が登場しますが、お月見にススキを生けるのはススキを稲穂に見立てて、やがて来る今秋の米の豊作を祈る収穫の予祝(前祝)のためであるともいわれています。
初日の出を含めてお日様(太陽)を拝むという風習は全国的にありますが、お月様を拝むというのは、おそらく京都だけではないかと思います。 京都の人たちは月に対する思い入れが強く、古来より月を神佛とも思ってきたのです。 日本では約百年前まで月を中心とした太陰暦を使っていたのは、皆さんご存知のとおりです。 月日という言い方そのものが月が日よりも上位と考えてきた一つの証だとも思います。 陰陽道では、太陽が陽で男性を表し、月が陰で女性を表すといわれています。 女性が月を拝むというのは、自分の身体を労わる一つの信仰だったのかもしれません。 
京都では今もまお、平安時代より月の名所といわれた右京区の大覚寺・大沢の池での観月の宴をはじめ、様々な場所で月見の宴が催されています。 皆さんも日常の喧騒からはなれ、ゆっくりと夜空の月を見上げてみてはいかがでしょうか?
石屋のないしょ話でした・・・。