石屋のないしょ話 vol.65

明けましておめでとうございます。 今年もgood-stoneを宜しくお願い致します。 2008年1回目の《石屋のないしょ話》は、お正月明けに食べる「七草粥」についてお話します。
年末年始の暴飲暴食で疲れた胃腸を休ませるのにぴったりなのが、1月7日の朝に食べる「七草粥」です。 お粥に入れる七草は時代や地方によって異なりますが、セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・スズナ・スズシロ・ホトケノザが一般的です。 これらは薬効の高いものが多いため、野菜が不足しがちな冬に滋養をつけるために食べられていたと言われています。
1月7日は「人日の節句じんじつのせっく」とも呼ばれます。 この日に七草粥を食べる習慣が広く定着したのは江戸時代のことですが、平安時代に書かれた『枕草子』に、すでに記述が見られます。 「正月一日は」で始まる章に「七日、雪間の若菜摘み、青やかにて・・・」とあるように、宮中では古くから七種の野草を摘んで羹あつものにして食べていました。 冬でも芽を出す野草の強い生命力にあやかって、邪気や万病を祓おうとしたようです。 また、神にこれを捧げて、五穀豊穣を祈るという意味もありました。
もともと日本では1月15日に米・アワ・キビ・ヒエ・ミノ・ゴマ・アズキという七種の穀物の粥を食べる習慣がありました。 この習慣と、中国の「七種菜羹ななしゅさいのかん」という、やはり七種の野草を羹にして7日に食べ、無病息災を願うという習慣と結びついて生まれたとされています。
石屋のないしょ話でした・・・。