石屋のないしょ話 vol.86

今月の一日〜五日は、北野天満宮で「ずいき祭」が行なわれます。 今月は、「ずいき祭」についてお話します。
京都の秋祭の先陣を切る「ずいき祭」は、室町時代、北野天満宮の神人が自ら収穫した作物を飾って神前に供え、五穀豊穣に感謝したのが始まりだと伝えられています。 「ずいき」とは、瑞饋・芋茎と漢字で書き、里芋の茎のことです。 このずいきで神輿の唐破風入母屋造の屋根を葺き、瓔珞(神輿の四方に屋根から垂らした飾り)にはキンセンカの花・赤茄子や唐辛子などをあしらい、穀物や蔬菜・湯葉・麩など乾物で周りを覆います。 この華やかな「ずいき神輿」は、四日の還幸祭まで御旅所に安置されます。 毎年趣向を変えて設える欄間や扉の細かい彫刻も、すべて蔬菜を材料にしています。
かつては、八月四日の北野祭のときにずいき祭の神幸祭も行なわれていましたが、応仁の乱で中断、氏子町の力でようやく明治八年(一八七五)になって復活しました。 一日は、三基の鳳輦に御霊を遷す神事が行なわれたのち、獅子を先頭に猿田彦神(天孫降臨のさい道案内をした神)が乗った導山や梅鉾・松鉾などが出て、約百五十人の行列が西ノ京御輿岡の御旅所まで練り歩きます。 到着後、着御祭が営まれ、氏子町の女の子が「八乙女田舞」を奉納します。 なお、四日の還幸祭は「おいでまつり」とも呼ばれ、菅原道真が乗っているとされる牛にひかれた御羽車が新たに加わり、天満宮創設を思い返す祭となっています。
石屋のないしょ話でした・・・。