○見院 歴代上人墓工事

今回は、お寺様の歴代和尚の石碑工事です。
前にも述べましたが、昭和初期まで使用されておりました和泉石(砂岩系)は風化に弱く今になっては、表面の剥離やカケが多く見られるようになりました。
お寺様の石碑は、仕上げを鏡面じゃなく梨地(小叩き風)にすることが多いです。
きらびやかさはありませんが年月とともに味が出てくるのがこの方法です。
どのような石でもこの仕上げが合うわけじゃなく、適した石を用いる事が大切です。
昔ながらのビシャンで仕上げる小叩きには最近は出会うことが少なくなりました。
職人の技術を発揮する仕事が年々少なくなる今日この頃です。