○恩寺

今回は、雨水や泥などにより土塀の白壁が剥離してしまった壁の改修工事です。 一旦、解体してコンクリートの駆体を作ります。
雨や泥の撥ねが白壁に当たらないようにGLから石を貼り、剥離が起こらないように考慮しました。
石は、基礎石の上に板材を合わせ、最後に見切りの石を若干の勾配を設けることで壁と石の間に水が少しでも回らないよう工夫を凝らしました。 万一、石が割れるような事が起きてもその部分を取り替えることで対応できるようになっています。