西陣紋意匠(組)

今回は、リフォームの工事です。この工事は、京都青年中央会の有志で玄関以外も大幅に改修されることとなりました。
無機質なコンクリートのエントランスを”石”を使用することで年月の趣を感じ、また歴史を感じる素材に変更しました。
多くの人を迎える所、年月とともに風合いや味が出る素材それが”石材”です。
人工的な物は最初はきれいですが年月とともに老朽化がすすみ汚れが汚れとして感じてしまうことが弱点です。