瑞林院

合祀墓の建立工事です。 いかにスペースを活かすかがテーマです。

ここなら、終の棲家にふさわしいと感じてもらえるかを一番に考えてデザインします。
与えられたスペースをいかに有効に使えるかなども重要な課題です。
合祀墓は、時代の流れでニーズが増えてきています。