仏事Q&A
其の百六


Q. 帰依三宝とは何ですか?

A. 三宝とは、三つの大切なものという意味です。 その三つとは、仏・法・僧のことです。 仏教は、この三つを信じることから始まります。 仏とはいうまでもなく仏陀のことで、お釈迦様のことです。 法は、お釈迦様が説いた教え、僧は、出家してお釈迦様の教えを実践している修行者のことです。
帰依とは、信じ従うことを意味しています。 「帰依三宝」とは、お釈迦様とその教えと、教えを実践する修行者を信じ従うことを意味しているのです。 出家しようとする者はもちろんのこと、救いを求める者は、まず三宝に帰依することから始まります。
それはこのように言い表します。 「弟子某甲でしむこう 尽未来際じんみらいさい 帰依仏きえぶつ 帰依法きえほう 帰依僧きえそう」 これを三度繰り返します。 仏法僧を信じ従うことを誓う言葉なのです。 お寺に行き、本堂でご本尊に向かって心静かに手を合わせること、これは帰依仏にあたります。 仏教書を読んだり、法話会に参加したりして仏教を学ぶことは帰依法です。 お坊さんに話を聞くこと、教えてもらうこと、お経をあげてもらうことは帰依僧です。 まずは信じてみることです。 救いの道は必ずあります。 それを見つけるまで、仏法僧を信じて従ってみることです。 仏教は八万四千の法門と言われています。 数多くの生き方が説いてあるのです。 一人一人にあった道が必ずあるのではないでしょうか?
ご参考までに・・・。