仏事Q&A
其の百六十七


Q. 「脚下照顧きゃっかしょうこ」とは、どういう意味ですか?

A. お寺の玄関やお手洗いなどで、この文字を見かけたことはありませんか? 「靴をそろえましょう」ということですが、転じて「足元を見なさい」「あなたの原点を見直しなさい」という、心に呼びかける意味でも使われています。
「自分の足元を見て自分の心を振り返り、現在の立場をよく見極めて行動しなさい」という深い意味が隠されているのです。 現代に生きる私たちは、時間に追われすぎて自分を見つめ直す時間を確保できません。 その割に他人の嫌なところには目がいってしまったり、気になったりします。 
けれども、まずは自分のことを見つめてください。 理想を高く持つならば、なおさら自分の足元をしっかり見つめ直す必要があります。 日常生活も修行の一つです。 
どんなに忙しくても、自分の脱いだ靴はしっかり揃えるくらいの心の余裕は欲しいものです。 そして、自分の靴を揃えられるようになれば、他人の靴も揃えてあげようという心の余裕も出てくるはずです。
ご参考までに・・・。