仏事Q&A
其の五十


Q. お経はどのようにしてできたのですか?

A. お経は、お釈迦様の教えを文字にしたものです。 お釈迦様は、悟りをひらかれてから八十一歳でお亡くなりになるまで約五十年間、多くの人々に対して教えを説かれました。 その人に応じて、また時に応じて教えを説かれたのですが、当時はお弟子達がみんな口伝えで伝えていました。 お釈迦様のご入滅後すぐ、後世に誤って伝えられないようにと、お弟子達が集まって、お釈迦様の説かれたものを編集しました。 これを結集けつじゅうといいます。 
まず、常にそばに仕えていた阿難尊者が、「このように私は聞きました(如是我聞にょぜがもん)」と、自分の記憶していた言葉を唱え、それを全員が承認したものが今日お経として伝えられているものです。 そのため、だいたいのお経は「如是我聞」ではじまっています。 このようにして何回もの結集が行われ、後になって文字に書き写されることになったのです。
教えを説かれた「経」と、お互いに守るべき規律「律」と、それらを解釈したり、注釈を加えたりした「論」の三つが伝えられ、これら三つに精通した人を「三蔵法師さんぞうほつし」とよんでいます。 お釈迦様のこの教えを、現地の言葉(パーリー語)で伝え、スリランカ・タイ・ビルマなど南方に伝えられたものを「南伝大蔵経」といい、インド西北部から、中央アジア・中国に伝えられたものを「大乗経典」とよんでいます。 「法華経」をはじめ、日本に伝えられている各宗の経典は、だいたいこの大乗経典です。 
お経はお釈迦様のお説法です。 ですから、誤って読んだりしてはいけないので、「読経」というようにお経本を見て一字一字正しく読むことが大切です。 日蓮聖人はお経に対する態度として「法華経を他のひと達が読まれるのは、口先ばかり、言葉のうえばかりで心から読まない。 心で読んでも法華経を信じ、実践することがない。 身にも心にも体得されることこそ尊い。」といっておられます。
ご参考までに・・・。