○通寺

造園屋さんといっしょに行う今回の仕事は、石造物の解体・移設がメインとなります。お寺の庭園の再整備が目的です。
7mもある十三重の塔を一旦解体して再度組み上げていきます。
高所作業となるため、重機やタワーが必要になります。
慰霊碑の基礎の解体は、外から見るのとは大違い、建立当時を考えると十分すぎるほどのコンクリート量のため、解体するのに一苦労です。
ただ解体するのではなく解体前の仕上げ以上に仕上げるためには、丁寧に取り外すことが仕事です。
基礎コンクリートを打ち一個1tもある基礎石を据えていきます。
寸法や高さを間違えないよう遣り方をし、慎重に行いました。
庭園全体は完成していませんが、石造物の据付は完了しました。
これから木々や象形物が配され、素晴らしい庭に生まれ変わります。